このサイトについて

本ウェブサイトの趣旨

本サイトは、教師の成長と専門性の向上を目指す教師による実践研究を支援するためのものです。実践研究とは、実践の理解や授業の改善のために、教室という文脈の中で教師が主体となって行う実践に関する研究です。日々の実践における教師の悩みや課題をもとに生まれた問いをもとに、児童生徒の学びに寄り添う形で記録をデータとして残し、そのデータをもとに教師自身が実践を振り返ることで、実践についての新たな気づきが促されたり、実践についての思考が整理されたりします。本サイトでは、そのような教師による実践研究をサポートするための情報を提供していきます。

本ウェブサイトの運営について

本HPは、下記の科研費プロジェクトのもと運営されています。

研究課題:英語教師の成長を促す実践共有コミュニティ構築プロセスの解明
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20K02833/
研究課題/領域番号:20K02833
研究種目:基盤研究(C)
研究代表者:髙木亜希子(青山学院大)
研究分担者:酒井英樹(信州大),滝沢雄一(金沢大),田中武夫(山梨大),永倉由里(常葉大),藤田卓郎(福井高専),南 侑樹(神戸高専)

本科研費プロジェクトの経緯について

本プロジェクトのきっかけは、中部地区英語教育学会の課題別研究プロジェクトである「英語教育の質的向上を目指した実践研究法のデザイン」(2014ー2017年)(研究代表者:田中武夫)にあります。このプロジェクトでは、教師の成長や授業改善を目指し、英語教師が日々の実践の中で行う実践研究の研究方法に焦点を絞り、実践研究のあり方について検討を行いました。このプロジェクトの成果としては、英語教育学及び関連領域の文献に基づく実践研究の定義の整理(滝沢ほか, 2016を参照)、実践研究論文の内容と研究手法の分析(藤田ほか, 2016を参照)、実践研究に対する英語教師の意識調査(髙木ほか,2017を参照)、実践研究を進める際に直面する研究方法に関する聞き取り調査(田中ほか,2017を参照)があります。

このプロジェクトに続き、科研費研究の「実践研究法の英語教育の質的向上を目指した実践研究法の整備と可能性の探究」基盤研究(C)(2017ー2019年度)において、メンバーが協働する形で、英語教育に関する実践研究を実際に行いながら(各メンバーの実践研究の成果はこちら)、英語教育における実践研究法の整備を行い、その成果として『英語教師のための実践研究ガイドブック』(田中ほか, 2019)を図書の形でまとめ、学校教育に携わる教師が実践研究を行っていくための具体的な方法について提案をしました。

さらに、引き続き、科研費研究の「英語教師の成長を促す実践共有コミュニティ構築プロセスの解明」基盤研究(C)(2020ー2022年度度)では、英語教師の質的向上を目指すための実践を共同的に省察するコミュニティのあり方に着目し、他者と実践を共有する上で直面する課題を明らかにし、実践を共有するコミュニティの構築過程メカニズムを整理することで、教師の成長を促すコミュニティのあり方について具体的方策を提案することを目指し、研究を継続しています。

なお、実践共有コミュニティは、英語教育における授業実践を共同的に省察する学習共同体と捉え、実践研究を軸にしながら、参加者全員の実践理解や指導改善を目指すものです。教師の成長を促すコミュニティの構造やあり方を整理し提案することは、同僚性を持ち難くなっている学校教育において教師教育の充実化を促す鍵になるものと考えています。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。