吉崎理香(2020).「学校英語授業における言語活動を通しての思考力・判断力・表現力の育成 ―3年生のディベート実践より―」『中部地区英語教育学会紀要』49, 267-274.

実践に至るまでの経緯  英語ディベートは表現力を養成するだけでなく、生徒の関心・意欲の向上、協働で話し合うこと …

翠川祐輔. (2021) 「英語教師としての授業観の変容 ―自己の定期的な振り返りと同僚との協働的なリフレクションを通してー 」『令和2年度信州大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)実践研究報告書抄録集』65-65.

実践に至るまでの経緯 赴任した学校での実践に刺激を受け、子ども達が自ら表現を求め自分の思いを英語で表現する主体 …

蕨知英(2019).「スピーキングタスクの定期的な実施とその評価:―実践研究二年目―」『中部地区英語教育学会紀要』48, 197-204.

実践に至るまでの経緯 実践者は、中学校教員 4 年目の時に初めて3年間英語の授業を受け持った生徒たちが卒業を控 …

山岸律子・滝沢雄一 (2016). 「中学3年生を対象とした書くことを取り入れた物語文読解指導実践 :書くことが生徒の読みに及ぼす影響に焦点を当てて」『中部地区英語教育学会紀要』45, 243–250.

実践に至るまでの経緯 筆者らは、本実践研究以前に、中学2年生を対象に読むことと書くことを統合した活動を取り入れ …

河合創 (2019).「教科書を活用したタスクベースの授業の実践研究–習熟度が高い中学3年生を対象として–」『中部地区英語教育学会紀要』48, 129-136.

実践の背景 筆者はこれまで即興的なスピーキング能力を育成するための実践を積み重ねて来ましたが、継続的なスピーキ …

河合創・藤田卓郎 (2017)「生徒の主体性を求めるスピーキング活動の探求」『中部地区英語教育学会紀要』46, 125-132.

実践に至るまでの経緯 実践者は、中学生のスピーキング指導において、意味のやりとりに焦点を置いて、言語形式の反複 …

蕨知英 (2018).「ライティングタスクの定期的な実施とそのフィードバック」『中部地区英語教育学会紀要』47, 259-264.

実践に至るまでの経緯 実践者は、担当していた中学校3年生の公開授業において、英語が話せない生徒の姿を目の当たり …

宮﨑直哉 (2020).「文法指導は悪か:−習得 ではなく、納得できる指導を目指して−」『中部地区英語教育学会紀要』49, 213-220.

実践に至るまでの経緯 実践者は、公立中学校で表現活動を主体にした授業を4年間行い、生徒が既習の英語表現を最大限 …

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう