永倉由里 (2019).「私の探求的実践 ―これまでの研究の振り返りと今後への方向性―」『中部地区英語教育学会紀要』48, 151-158

実践に至るまでの経緯 実践者は、約20年実践研究を行ってきました。現在担当している授業を取り巻く諸要因、特に学 …

永倉由里(2018).「「小学校英語指導Ⅰ」における体系的省察による実践理解と授業改善の試み」『中部地区英語教育学会紀要』47, 189-196.

実践に至るまでの経緯 実践者は、該当科目を受講する学生と開講条件に関する「理想」と「現状」との間に、「ギャップ …

江口朗子・ 田村祐 (2018). 「タスク性の高いコミュニケーション活動における発話の流暢さの発達」『中部地区英語教育学会紀要』 47, 119–126.

実践の対象となった文脈では、「意欲」や「人間性」、「能力」の育成を主体的に向上させるという教育目標が掲げられて …

三上明洋, & 三上由香. (2015). アクション・リサーチによる大学英語授業における多読活動の導入とその改善. Annual Review of English Language Education, 26, 429–444.

実践の背景 本研究は、大学生を対象に、学習者の読書量や読解力、英語に対する動機づけを向上させようという目的のも …

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう