山岸律子・滝沢雄一 (2016). 「中学3年生を対象とした書くことを取り入れた物語文読解指導実践 :書くことが生徒の読みに及ぼす影響に焦点を当てて」『中部地区英語教育学会紀要』45, 243–250.

実践に至るまでの経緯 筆者らは、本実践研究以前に、中学2年生を対象に読むことと書くことを統合した活動を取り入れ …

河合創 (2019).「教科書を活用したタスクベースの授業の実践研究–習熟度が高い中学3年生を対象として–」『中部地区英語教育学会紀要』48, 129-136.

実践の背景 筆者はこれまで即興的なスピーキング能力を育成するための実践を積み重ねて来ましたが、継続的なスピーキ …

今井理恵, &峯島道夫. (2017). 「コミュニケーション英語Ⅰ」で批判的思考力を育てるCTスキルズ一覧表と核となるパフォーマンス課題の開発

批判的思考を促す問いを課題に取り入れることで、学習者のクリティカル・シンキング(critical thinki …

江口朗子・ 田村祐 (2018). 「タスク性の高いコミュニケーション活動における発話の流暢さの発達」『中部地区英語教育学会紀要』 47, 119–126.

実践の対象となった文脈では、「意欲」や「人間性」、「能力」の育成を主体的に向上させるという教育目標が掲げられて …

藤田卓郎 (2021)「工業高等専門学校における理工英語を対象としたブレンディッド・ラーニングの探究的実践」『JACET関西支部紀要』23, 47–66.

問い 高専生がブレンディッド・ラーニング(ウェブ学習と対面授業の両方を行う指導形態)を取り入れた理工英語の授業 …

水野千津子 (2016).「香川高専学生の英語苦手改善・英語力向上への試み―多読の有効性を考える―」『英語教育研究(関西英語教育学会紀要)』39, 57-67.

実践に至るまでの経緯 本研究は高等専門学校(以下、高専)で行われた実践研究です。英語が嫌い・苦手である学生を対 …

河合創・藤田卓郎 (2017)「生徒の主体性を求めるスピーキング活動の探求」『中部地区英語教育学会紀要』46, 125-132.

実践に至るまでの経緯 実践者は、中学生のスピーキング指導において、意味のやりとりに焦点を置いて、言語形式の反複 …

蕨知英 (2018).「ライティングタスクの定期的な実施とそのフィードバック」『中部地区英語教育学会紀要』47, 259-264.

実践に至るまでの経緯 実践者は、担当していた中学校3年生の公開授業において、英語が話せない生徒の姿を目の当たり …

宮﨑直哉 (2020).「文法指導は悪か:−習得 ではなく、納得できる指導を目指して−」『中部地区英語教育学会紀要』49, 213-220.

実践に至るまでの経緯 実践者は、公立中学校で表現活動を主体にした授業を4年間行い、生徒が既習の英語表現を最大限 …

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう